つわり ひどい

つわりがひどい時の対処法について載せています

SiteTop

妊娠初期のひどいつわりの対策とは


妊娠初期のひどいつわりの対策とは

待望の赤ちゃんを授かったと知るとほぼ同時か、または赤ちゃんを授かったと知って間もなくやってくるもの、それはつわりです。

全く感じない人もいますが、90パーセント以上の妊婦さんが悩まされたとも言われています。


妊娠4、5週頃からじわじわと始まり、妊娠8、9週目頃がピークで、それを過ぎれば嘘のようにつわりから解放される妊婦さんもいれば、出産時まで感じる妊婦さんもいたりと、人それぞれなのが現状です。


その症状で一般的なのが吐き気です。

食べ物のにおいを嗅いだだけで吐いてしまったり、水を飲んだだけでも吐いてしまって、脱水症状に陥る妊婦さんもいます。

また、空腹を感じると吐き気を感じるという症状も多く、食べても食べなくても吐き気がするという辛い状況になります。


更に、においにも敏感になり、今まで大好物だったものを体が受け付けなくなってしまったり、食べられるものが極端に少なくなってしまうというのも多くの人が体験しています。


ではこのひどいつわりの対策は、どのようなものがあるのでしょうか。


まず、食べられるものを食べられるだけ食べる、ということです。

妊娠初期に食べたものは、赤ちゃんにはあまり影響しないと言われているので、自分が食べられるものを見つけましょう。

冷やした果物や、冷や奴、そうめんなどの麺類は食べやすいようです。

また、スープなどの手軽に食べられるものも常備しておくと良いでしょう。

更に、アイスクリームやジュース、炭酸飲料なども好まれています。


空腹時に吐き気を感じる場合は、キャンデーやガム、グミなどをこまめに食べていれば空腹を感じにくくなります。


つわりがひどい場合は、それだけではなく、気分転換することを心がけてください。

気持ちの悪い時は家に引きこもりがちですが、外の空気を吸うだけでも良い気分転換になります。

散歩に出てみるというのは気分転換にもなりますし、体を動かすという点においても良いことですが、外出はできないという人は、ベランダや庭に出て軽くストレッチをしてみると良いでしょう。

ストレッチをすると体の血流が良くなり、つらい症状が和らぐと言われています。


そして、血流を良くするためには、体を締め付けない、ゆったりとした洋服と下着を着用することも有効です。

どんどんお腹は大きくなっていきますので、後々のためにもゆったりした洋服や下着は買っておいても損はないはずです。


また、妊娠初期は疲れやすい時期ですので、疲れを感じたら休息をとることも大切です。


自分にあった対策でつわりを乗り切れば、あとはかわいい赤ちゃんに会える日を楽しみに待つだけです。



つわり ひどい、つわり ひどい、つわり ひどい、つわり ひどい、つわり ひどい、つわり ひどい、つわり ひどい、つわり ひどい、つわり ひどい、

メニュー


Copyright (c) 2015 つわりがひどい時の対処法010 All rights reserved.